Strike

BLOG

BARストライク 愛しています 眼鏡ブログ6

皆さま
こんばんは、めがね舎ストライクの比嘉です。

当店は毎週月曜日限定でBAR営業を行っています。
その名も「BARストライク」という直球の名称で営業しています。

さてBARの紹介記念すべき一回目ですので、最近比嘉が愛してやまないウイスキーを紹介します。

これです。
IMG_0827

「CAOL ILA」カリラと呼びます。

スコットランドのアイラ島の蒸留所で作られています。
アイラ島は佐渡島程度の面積で人口わずか4000人程の島。
アイラ島で作られるウイスキーの最大の特徴は、強烈なピート*の香り。ピートがふんだんに手に入るアイラ島の蒸留所では、麦芽作りの際に潮風がたっぷり染みこんだピートで燻す上に、ピート層の中を流れてきた水を醸造に使用するため、自ずとスモーキーなフレーバーとなる訳です。
わずか600平方キロの島内には蒸留所が8つ、全て海辺に建っており、潮の香りがする事が特徴的です。実際に熟成用の樽を潮風にさらし、海の香りを十分に付けて使用するとのこと。ウイスキー以外の産業はないに等しく、島全体が深く蒸留所と関わっています。

*ピート:水生植物などが枯れて堆積し泥炭となったもの。ウイスキーの原料となる大麦麦芽を乾燥させる際、スモーキーフレーバーをつけるためにピートを燃やした煙を使うらしいです。

とここまで、ほとんどコピペでした(笑)

で肝心のカリラの紹介ですが、ものすごいおいしいです。(チープですね)

も少しそれっぽく、

口に入れると、なぜかフルーティーな印象がします、それから強めのピートの匂いが長~くやってくるような感覚です。
他のアイラ島のウイスキーから比べると、ピートの匂いは強いですがフルーティーさがある分、なんだかバランスのいいお酒という印象を受けます。
僕の主観なので、なんとも言えませんが。兎に角うまいです。そんなカリラを愛しています(笑)

と、こんな感じでウイスキーメインにいろんなお酒を紹介していきたいなと思う今日でありました。

IMG_0836

バーストライクは毎週月曜日、20時から26時にひっそりとOPENしています。
興味あるかたは是非遊びに来てください~

比嘉