Strike

BLOG

BESPOKE EYEWEAR (ビスポークアイウェア)紹介 眼鏡ブログ2 

こんにちは

めがね舎ストライクの比嘉です。

ビスポークって?という質問を良くされます。耳慣れしていない言葉なので改めて説明しますね。
『ビスポーク(BESPOKE)』の語源は、『BE SPOKE』です、話をしながら形を作っていく、そのような意味合いです。イギリスではBESPOKEと表現する事が多いようです。
お店を始めるときに、対話に重点を置くことを考えていたので、BESPOKEと表現する事がストライクらしいなと思い、BESPOKEを使わせてもらっています。

先日ご依頼いただいた完成品を紹介します。

IMG_0689

全体的に丸いフォルムの眼鏡です。
フレームの平面的にはある程度肉厚なデザインですが、丸くカッティングを入れる事ですっきりした印象となります。

IMG_0692

眼鏡は平面だけではなく、立体でどのように削りだすのかで印象がガラッと変わります。
そのような話をしながら眼鏡を作る工程は、悩ましくも楽しい時間になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
比嘉