毎週1本のめがねを制作するストライクチャレンジ。

100本を目標にオリジナルのめがねをデザインし、実際に制作していきます。

めがねのデザインにおけるディテールや製造のさいの削り方で、めがねの雰囲気は全く違ったものになります。

ではどのような印象の違いを生み出すことができるのか。

それを知ることが、ど真ん中のめがねを見つける一つの良い手段だと思います。

本日は 8本目。

それではご紹介していきます!

 

 

 

今回は”今まで見たことのないデザイン”がテーマです。

六角形(ヘキサゴン)とツーブリッジを掛け合わせたデザインにチャレンジしました。

普段はかける人をイメージしながらデザインすることが多いですが、今回はデザインの実験としてチャレンジしていきます。

 

 

デザインの実験がテーマなので、カッティングは入れていません。

通常カッティングを入れると、全体のバランスが取れて顔に馴染みやすくなります。

しかしアウトラインがぼやけてしまうので、目立たせるためにあえてカッティングを無くしました。

しかし智元の張りは少し目立ってしまうので、バランスをとるためにカッティングを入れています。

 

 

 

今回は深いネイビーを採用。

透明度のない色味なので、よりアウトラインがしっかりと強調されました。

黒ではなくネイビーにしたことによって、より玄人好みな雰囲気に仕上がっています。

個性的なデザインなのでめがね好き、ファッション好きの方にお勧めです。

そして今回はカッティングを入れませんでしたが、例えば上下に丸くカッティングを入れるだけでもデザインの個性を落としてかけやすくなります。

ストライクでは接客の際に、デザインのディテールによる印象の違いなどもお話しながら進めていきます。

すごく細かいポイントではありますが、重要なところですのでしっかりと対話を重ねたいところですね。

 

 

 

動画はこちら!

 

 

 

Instagram

めがね舎ストライク : meganeya_strike

めがね舎ストライク BASEMAN : meganeya_strike_baseman

YouTubeチャンネル

めがね舎ストライク