一週間に一本、新しいめがねをデザインし、ストライク所属の職人が実際に制作していくストライクチャレンジ。

実際の人物をモデルにしてデザインを考えていく企画、ストライクチャレンジセッションをお届けします!

 

 

 

今回のセッション相手は会社員の平山さんです。彼の職業は営業で、会社からも期待されている人物だと聞いております。それをふまえて、営業成績が上がる眼鏡をご提案します!

 

非常に好青年な平山さんは、仕事に対して意識の高い方だと感じました。そこで営業成績が上がる、仕事のスイッチが入るきっかけになるという方向で眼鏡を作ることになったのです。

 

 

 

ビジネスマンとして誠実な印象を与えるためにスクエア型の眼鏡にしました。眼鏡自体はシンプルなスクエア型ですが、平山さんのまゆのラインと眼鏡のラインを揃えたデザインです。

彼の眉は少し垂れた形をしています。眉の下がったラインに対して逆に眼鏡のラインが上がっていると、顔と眼鏡が調和せずチグハグな印象になります。なので彼の顔と眼鏡がスッキリと馴染むようにラインを揃えました。

 

 

そして営業成績が上がるというテーマに合わせて、眼鏡の裏側だけ勝負カラーの赤の生地を貼り付けました。その赤い生地は、フレームの上側だけは表面の色の生地を残すという少し特殊な手法です。裏側だけ色が違う眼鏡は構造上、上下左右から裏面の色が見えてしまうんですね。例えばお辞儀をした際はわかりやすいです。

その場合カジュアルな印象を与えるので、この手法は自分だけに赤が目に入るような工夫になっています。フレームの上半分はどの角度からも裏の色が見えない。一見単色の眼鏡ですが自分だけは赤が目に入る。

赤を見て、テンションをあげて仕事に臨むスイッチになる眼鏡を提案しました。

 

 

 

 

職人 横山

「今回のポイントはこのブロウラインです。最近のストライクチャレンジでも作ったんですけれど、平面的で光の反射が目立ちやすいデザインになっています。

ビジネスシーンにおいて、ブロウラインが太いとかっちりした印象を演出しやすいと思うんですけれども、さらにその面がギラっと反射して、光が鋭く入る事で、スタイリッシュに見えたりキリッと知的な印象を与えられます。なのでフレームのブロウラインで光を反射させて、知的な印象を演出できるように制作しました。」

 

ベースとなるカラーは深いネイビーを使っています。黒ではなくネイビーにすることで重たさを緩和しています。

 

会社員 平山 諒一さん

「オーダーメイドの眼鏡って、形が今風な物を想像していました。営業成績が2倍になる眼鏡を作ろうよ!と比嘉さんに言って頂いた時は、奇抜なものになるのかなと思っていました。でも完成したものが意外と普通なシンプルなデザインだったので驚きでした。ただ眉の形であったり顔の特徴を重要視したデザインになっていて、さらに内側だけが赤い生地になっていて、気持ちが燃え上がるような営業活動をしようよ!というメッセージが込められていると聞いて、そういったところがビスポークならではなんだなと感じました。」

 

 

今回のチャレンジがきっかけで、できる営業マンについて色々と調べてみると大体同じようなことが書いてありました。

以下の4つの要素が重要だそうです。

 

1.ポジティブ思考である

2.気持ちいい挨拶ができる

3.自分の将来設計が明確である

4.他人に与える精神を持っている

 

これはどんな職種、人に対しても共通しています。

人として気持ちいいことはすごく大事なことで、その要素を持っていることでどんな仕事であれ成功できると思います。

つまりポジティプになること。

自分がうまくいかないときは、他人や環境のせいにしがちです。しかし結局は自分が変わることで、成功が手の中に入ってくる。

成功を掴むヒントは、実はそんな単純なことなんじゃないかなと今回のチャレンジで感じました。

実際に平山さんは非常に人として気持ちいい方でした。

そんな彼が、この眼鏡をきっかけにさらに営業成績をあげて、今回提案した眼鏡を武器にして戦ってもらえたらすごく嬉しく思います。

 

 

 

Instagram

めがね舎ストライク : meganeya_strike

めがね舎ストライク BASEMAN : meganeya_strike_baseman

めがね舎ストライク PR : meganeya_strike_pr

YouTubeチャンネル

めがね舎ストライク