一週間に一本、新しいめがねをデザインし、ストライク所属の職人が実際に制作していくストライクチャレンジ。

今週は、実際の人物をモデルにして、デザインを考えていく企画、ストライクチャレンジセッションです!

 

 

今回のモデルは平塚正男さんという、広告系のカメラマンとして長らく第一線でご活躍されている方です。

平塚さんのご要望は、ハリのある感じで若々しいイメージでした。

「とあるブランドの社長がかけているような眼鏡」という具体的なイメージも頂き、それらを元に肉厚な生地を使って平塚さんへのパワーに負けないような眼鏡をデザインしました。

ただ肉厚にするのではなく、曲線を使って柔らかさも感じるデザインになっています。

ポイントは玉型(レンズの形)が縦幅の広く、角を丸く落とした四角形で、智元が非常に肉厚になっているところです。ここに厚みを持たすことで、顔が引き締まって見える効果があります。

 

 

職人 横山

「平塚さんは、以前に写真を撮っていただきました。今回のデザインを見たときに、眼鏡自体ボリュームがあって存在感が際立つデザインだったので、平塚さんがこの眼鏡をかけたらさらにパワーアップされるだろうなと想像しながら作りました。

眼鏡のデザインでは、智元の繋がりも直線か甲丸かで仕上がりの雰囲気が大きく変わります。

さらに甲丸の繋ぎ方一つでも、どこから丸みをつけていくかで全体の雰囲気は変わってくるのでデザインをトータルで見た時の雰囲気やバランスを加味して判断しています。

今回のデザインは、平塚さんの落ち着いた雰囲気は丸みをつけることで表現して、貫禄のある雰囲気は生地の厚みや色で表現できたかなと思います。」

 

 

 

平塚さんの若々しく、ハリのある感じというご要望を、8mm厚の里の生地と、テンプルに向けて流れるラインで、デザインにメリハリをつけることで、表現しました。

 

 

 

フォトグラファー 平塚 正男

「普段は眼鏡をかけないので、今回は歳を隠す目的での伊達眼鏡としてオーダーしたんですけど、僕的にはいいかなと思っています。仕事場に行った時に、スタッフの人たちから、いいねとかかっこいいねって言ってもらえたら最高に嬉しいし、仕事場でみんなに見せたいっていう思いはありますね。

この眼鏡をかけて、いい仕事ができたらいいなと思います。写真家として若い子には負けないように、それだけの経験を持っているわけですから、それを活かして新しい方向のいい写真が撮れたらいいなとはいつもは思っています。それがこの眼鏡をかけることで、新鮮な、クリエイティブな気持ちになれたらいいなと思いますね。

僕的には、こういう新しいものを身に付けるのって、ものすごく大事なことだと思っています。自分がちょっと変われるっていうのはいいなと思うんですよね。いつまでも同じ格好しているよりは、ちょっと変わることで、新鮮な気持ちになれるんですよね。例えば指輪をつけるだとか、今回は眼鏡でしたけど、そういう新しい挑戦をするっていうのは、年齢関係ないからね。だからそれが僕はすごく大事なことなんじゃ無いかなと思っています。」

 

 

 

 

最後に平塚さんが「新しい挑戦をするのに年齢は関係ないよ」と、そういう精神が重要なんだというお話をされていて、サミュエル・ウルマンの青春という詩を思い出しました

「青春とは人生の或る期間をいうのではなく心の様相を言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。」

その言葉ってものすごい良いこと言ってるなと思っていて、実際に今なお第一線でご活躍されている平塚さんが、同じような心構えを持っているということで、全ての人にとっても重要な心構えだなと改めて感じました。

 

 

Instagram

めがね舎ストライク : meganeya_strike

めがね舎ストライク BASEMAN : meganeya_strike_baseman

めがね舎ストライク PR : meganeya_strike_pr

YouTubeチャンネル

めがね舎ストライク