スタッフ

対談「ど真ん中を、目がけて。」  SITATE 萬代英志 × 職人 横山
めがね舎ストライクのスタッフが今話したい人と対談する「ど真ん中を、目がけて。」 第二回目はストライクの内装も手がけて下さった、別注家具の設計制作 SITATE の萬代英志 (ばんだい ひでし)さんとストライクの職人 横山
職人 横山 惰性のないものづくり
  -智元の滑らかさについて-   横山 「智元について、カッティングからの繋がり方を意識しています。上からの流れと前からの流れと、全体の流れが揃ってると気持ちが良いということに気が付きました。」 &
めがね舎ストライク デザイナー木佐貫
  めがね 舎ストライクのスタッフを紹介するシリーズ 今回は、デザイナーの木佐貫です! 抽象的な思考を巡らせる彼がどのようにして、めがねや人と向き合っていくのか。 自分と向き合うことから逃げない彼のストイックな
めがね舎ストライク PR 森下
あるブランドを好きになるとき、その要素はプロダクトだけではないはずです。 スタッフの話し方、身に着けている服、ブランドロゴ、ショッパー、ブログ…. 様々な要素が混じりあい、醸し出す世界観に惹かれるのでしょう。
めがね舎ストライク職人 岩崎
職人という言葉を聞いた時、皆さんはどのようなイメージを持ちますか? 寡黙、頑固、一筋…など色々あると思います。 ものが好きという人は沢山いますが、実際にものを自ら作ろうという人はあまり多くはないのではないでし
めがね舎ストライク BASEMAN 野田
お店に行っても接客を受けたくないという人が増えてきている今日。 ショップスタッフへの信頼感が揺らいでいる中で、心地良い接客を受ける機会は少なくなっているかもしれません。 しかし、素晴らしいスタッフとの出会いは、買いものの
めがね舎ストライク職人 横山
  安価で良いものが多くなり、購入手段もたくさんある今日。 買う側も売る側もさらに作る側も未来への投資として、ものに責任を持とうする人達が多くなってきています。 今後のものづくりはどのように変化していくのか。