CONCEPT

Today as it was then.
今日は、いつかだ。

この一杯は、
いつから始まっているのだろう。

スコットランドの小さな島で、
海のみえる蒸溜所が
建てられたとき。

アイルランドの大麦畑で、
やわらかな土に
種が蒔かれたとき。

名も無きバーテンダーが、
淡い灯りの片隅で
カクテルレシピを発明したとき。

今、グラスに注がれる一杯は、
いつか、誰かが夢みた味。

私たちは、一つの銘柄、
一つのカクテルが紡いできた物語を、
お客様一人ひとりの嗜好や感性と重ねて、
心地よい時間を織り成していきたい。


BARストライクが、
一杯のお酒に込めるもの。
それは、めがね舎ストライクが
一本の眼鏡に込める想いと変わらない。

BE SPOKE—
お客様との対話から、
そして、時代を越えた
造り手たちとの対話から、生まれていくもの。

今、ここに、ど真ん中の一杯を。