BLOG

2020.04.24

めがね舎ストライク BASEMANがドリンクを出す理由

      『めがね舎ストライク BASEMAN』 京都ではカウンターをメインにした内装に加えて、めがねも約20本しか並べていません。 パッと見ただけではどのようなお店なのかわからない方もいるかもしれません。       そんなお店で、お客様にはドリンクを無料で提供しています。 アルコール、ノンアルコールの2種類。BARストライクのバーテンダーの研修を受けたスタッフがサーブするという徹底ぶり。   なぜそこまでするのか。   それはストライクが「対話」を大切にしているから。   「ど真ん中を、めがけて。」というコンセプトにあるように、全ての人に本当にあっためがねをビスポークで提案しています。 人によって顔の形、目の大きさ、好みは千差万別です。 そして好みという点で言うとお酒もそうでしょう。 さっぱりしたもの、スモーキーなもの、軽いもの、香りゆたかなもの。人によって様々な好みがあります。 つまりバーテンダーも1杯1杯ビスポークしていると言えるのではないでしょうか。     それをめがね舎ストライク BASEMANでもできるだけ体感して欲しい。 めがねを巡る対話の中で、飲み物もちゃんと寄り添って欲しい。そんな想いを込めています。 またもう一つ大きな理由があるのです。   それはめがねを調整し続けたいから。   使っているとフレームが広がったり歪んだりします。それがフィット感を損なったり、ズレの要員になります。 本当にフィットしためがねをかけていると、1日を通してめがね位置を直す必要がありません。   特に買うつもりはないけれど、久しぶりに覗いてみたいお店って少し行きづらさを感じるものです。 それを払拭したい。ドリンクを飲み世間ばなしでもしながら調整、フィッティングをさせて下さい。 もちろん無料です! 行きつけのお店にフラッと入る感覚です。       全てのものに言えることですが、買って終わりではありません。丁寧に使いメンテナンスを行うことでよりあなたの生活にフィットするものになっていくと思っています。 そのお手伝いができることを願っています。   ※現在 めがね舎ストライク BASEMAN は休業中です。再開は各SNSでご報告させて頂きますのでしばらくお待ち下さい。