BLOG

2020.07.20

デンマークの巨匠から学んだめがね

  今回は、今年の夏にかけたいサングラスのデザインにチャレンジしました! サングラスというと、サイズが大きめだったり華やかなものが多いですが、今回はコンパクトなサイズ感で、 さりげないこだわりが感じられるようなデザインに仕上げました。     フロントデザインはややフォックス調のボストン形を採用しています。 曲面で構成されたシンプルなデザインなので、全体的にカッティングを入れて細身で顔なじみの良いデザインにしていきます。 リムの丸さを際立たせるために、丸くなる部分と面になる部分のメリハリを意識して仕上げました。     そしてフロントデザインがシンプルなのでテンプルデザインにこだわりました。 インスピレーションはデンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンのカトラリーです。 今回は、そのカトラリーをモチーフにテンプルをデザインしてみました。 アルネ・ヤコブセンという人はご存知でしょうか? 彼はデンマークの建築家、デザイナーです。ユダヤ人であり、モダン様式の代表的な人物の一人です。 住宅をはじめとして、銀行や市庁舎、大学などの建築を手がけています。また建築だけでなく数多くの優れた椅子や時計を生み出しました。   SASロイアルホテルの内装   このカトラリーは1958年にSASロイヤルホテルのためにデザインしたもの。このホテルはデンマーク初の高層ビルで、彼が内装も全て設計されています。 使いやすさと美しさを追求し、何度もスケッチを重ねたそう。発売から半世紀以上たった今でも洗練さを感じます。 実際にめがねのテンプルにする時にはナイフのように細く薄くなるよう、最終的に手で削って整形していきます。 テンプルの表面を削ると中に入っている芯が表に出ていくる可能性がでてくるので、整形の際にそうならないように気をつけました。     今回は、乳白色の生地をチョイス。 曲線の多いフォルムは、生地の柔らかい色味と相性抜群です。 テンプルのデザインを活かすために、ストレートテンプルで仕上げました。 レンズは薄いブルーのレンズをチョイスしています。 派手さはないですが、夏らしい爽やかな印象に仕上がりました。 ヤコブセン のデザインのように、長く愛される、価値あるデザインとなるようにこれからも精進してまいります。       https://www.youtube.com/watch?v=8CMqFK4ONYI   Instagram めがね舎ストライク : meganeya_strike めがね舎ストライク BASEMAN : meganeya_strike_baseman YouTubeチャンネル めがね舎ストライク