BLOG

思わず声をかけたくなる眼鏡
一週間に一本、新しいめがねをデザインし、ストライク所属の職人が実際に制作していくストライクチャレンジ。 今週もその模様をお届けします。 今回は実際の人物をモデルにしてデザインを考えていく企画”ストライクチャレンジ セッシ
ビスポークフェア in Brille
10/22 ~ 10/25 の4日間 千葉県柏市にある眼鏡のセレクトショップ「Brille」にてビスポークのオーダーフェアを行います!     Brilleさんは「人生が豊かになるきっかけを」というコ
NEW ERA NEW TAKUMI ~レクサスが認めた日本の匠~
10/14 ~ 10/19の5日間、名古屋高島屋で開催される「NEW ERA NEW TAKUMI ~レクサスが認めた日本の匠~」に出店します!   伝統工芸や地場産業を引き継ぎ、未来に向かって発展させようと日
色気が香る眼鏡
  一週間に一本、新しい眼鏡をデザインしストライク所属の職人が実際に制作していくストライクチャレンジ。 今週もその模様をお届けします! 今回は、実際の人物をモデルにしてデザインを考える企画、名付けてストライクチ
対話を重ねる
対話を重ねる お客様に明確なイメージが無いのは当たり前です。 正直に申し上げて、自分に似合うめがねってわかりにくいです。 いつもとイメージが変わるものなんてなおさらです。   ではなぜわかりにくいのか。 それは
“削り出し”磨かない眼鏡
これまで、動画の中で”磨き”というフレーズがよく聞かれたと思います。 実際に職人が眼鏡作りの中で一番時間を費やすのが、磨きの工程なんですね。   一般的な眼鏡作りの工程は以下の通り 1.切削といって機械がプラス
めがね舎ストライク デザイナー木佐貫
  めがね 舎ストライクのスタッフを紹介するシリーズ 今回は、デザイナーの木佐貫です! 抽象的な思考を巡らせる彼がどのようにして、めがねや人と向き合っていくのか。 自分と向き合うことから逃げない彼のストイックな
私が設計した眼鏡
4月からスタートしたストライクチャレンジ。 今回で20本目となりました! 100本達成まで頑張っていきたいと思います。   これまでの企画では、対話を重ねてその人に合ったものを提案していく”ビスポーク” という
必然性のあるディテール
今週は、実際の人物をモデルにデザインを考えていきます。 まさにビスポークとは?を感じていただける企画になっています!     今回モデルになっていただいたのは、神戸の美容室 NAVEL(ネーブル) 代
フレンチヴィンテージの美学
一週間に一本、新しい眼鏡をデザインし、ストライク所属の職人が実際に制作していくストライクチャレンジ。 今週もその模様をお届けします。   早速ですがこの2本の眼鏡の違いがわかりますか?   &nbsp
The Record Glasses
めがね舎ストライク は、9/9~9/14に 博多阪急で開催される「日本の匠」に出店します。   日本の匠とはLEXUS NEW TAKUMI PROJECTに選定された職人が集い、その工芸品を販売するものづくり
知的さと優しさが両立したデザイン
今回も実際の人物にモデルになっていただき、眼鏡のデザインを考えていきます。 今回は神戸のバーテンダー 中村さんにモデルになって頂きました。 中村さんは神戸北野のハンター坂にある名店「LAGUNA THE BAR」に勤務さ